学校概要




概 要



1 学校の名称

 (1)名称 宮城県立支援学校岩沼高等学園川崎キャンパス

 (2)開設 平成28年4月1日


2 学科と定員

 (1)学科    産業技術科

           2コース(流通・サービス、福祉コース)

 (2)定員    各学年8名(1学級)

 (3)修業年数 3か年


3 概要

  位置 〒989-1501 宮城県柴田郡川崎町前川字北原25

      п@0224(87)6571   FAX 0224(87)6572

4 在籍(平成30年度)

 (1)1学年 9人

 (2)2学年 9人

 (3)3学年 4人



基本理念



 軽い知的障害のある生徒に、社会参加と職業自立を目指した職業教育をとおして、積極的に社会参加し、心豊かに、主体的に自分の力や能力を発揮して生きる人間を育成

する本校の基本方針を基に地域の特色を生かした人間教育を目指す。




特 色



(1)デュアルシステムによる職業教育

 地域資源を活用したデュアルシステムによる職業教育を行う。流通サービスコース、福祉コースの2コースを設定し日常的に職業教育を行いつつ、職場実習との連携を図りながら

生徒の能力・適性に応じた職業教育を行う。


(2)地域資源を生かした人材育成

 近隣の湖畔公園やエコキャンプ場、公共施設等、地域資源を活用した体験を通して卒業後の社会生活や余暇活動等を支援し生活力のある人材を育成する。


(3)交流活動による社会性の育成

 柴田農林高等学校川崎校の生徒との交流、岩沼高等学園本校生との交流を通して同年代の交流とともに、地域の異世代と交流の機会を増やし、コミュニケーション活動をとお

 して社会性を育てる。


(4)通学型高等学園

 本校を含め、県内の他の3校には寄宿舎が設置され、主に1年次に寄宿舎での生活指導、生活自律訓練を課しているが、川崎キャンパスは寄宿舎を設置しない通学型の高等

 学園として、独自の自立支援を行う。


(5)きめ細かな指導と実践

 小規模校の特色を生かし、生徒一人一人にとって主体的で充実した学習ができるように特性に応じたきめ細かな指導を全職員で行う。



学校沿革



平成28年 4月 1日 副校長外教職員4人が発令      

平成28年 4月11日 入学式(岩沼38人、川崎4人)

平成28年 4月12日 開校式(県教育長、川崎町長外約40人の来賓が参列)

平成28年 9月 1日 教室等改修工事完了(4教室と職員室) 

平成29年 4月 1日 29年度の教職員9人が発令

平成29年 4月 9日 入学式(岩沼40人、川崎9人)

平成30年 2月 5日 介護職員初任者研修の指定事業所として認可

平成30年 4月 1日 30年度の教職員13人が発令

平成30年 4月10日 入学式(岩沼41人、川崎9人)